ピアノ修理業者が行っている嬉しいサービスTOP5

no.1

ピアノの先生の紹介サービス

ピアノ修理業者で、修理以外に行なっているサービスは、業者によっては住んでいる近くのピアノの先生を無料で紹介してもらえます。特に転居してきたばかりの人には嬉しいサービスです。

no.2

アフターサポート

例えば調律をしてから、すぐに再度音が狂ってしまった場合など、一定期間内であれば無料にて再調律をしてくれるアフターサービスが充実している業者も存在しています。

no.3

ピアノクリーニング

ピアノの外装の傷の修復をしたり、内部や金属部分の清掃などを行い、入念にピアノをクリーニングしてくれます。多くの場合、新品同様にピアノが生まれ変わることが多いです。

no.4

ピアノオーバーホール

ピアノの88鍵分の弦や、調律ピン、タンパーフェルト、ハンマーなどの部品を全て純正の新しいものに交換してピアノをオーバーホールしてくれます。料金は少々高めになりますが、新品同様に蘇ります。

no.5

消音ユニット取り付け

一部のピアノでは、後から消音ユニットを取り付けられるようになっています。ピアノ修理業者では、消音ユニットを取り付ける作業もしてくれます。この作業をすると時間を気にせずにピアノが楽しめます。

サービスの違いを比較しよう

ピアノ修理業者により、独自のサービスがあり、そのサービスの中には無料なものもあります。特に無料アフターサービスはどは重要なサービスです。しっかりと、業者のサービス内容の違いを確認してから業者を選択するようにしましょう。

グランドピアノとアップライトピアノの違い

広いスペースが確保できないときはアップライトピアノ

アップライトピアノは、縦長の構造となっていますので、面積をあまりとりません。そのため、グランドピアノをおくような広いスペースが確保できないときにはアップライトピアノが良いでしょう。

良い音を楽しみたいならグランドピアノ

アップライトピアノの場合は、押鍵された鍵盤とハンマーは同一方向ではないため、力と時間のロスが発生します。ダイナミックレンジもグランドピアノに劣ります。そのため、良い音を楽しみたいならグランドピアノがオススメです。

ピアノ修理や調律はプロに任せて安心!長く使用するためのコツ

男性

ピアノ修理が必要な時

現在の国産のピアノの寿命は、30年程度と言われています。しかし、使用しているうちに音が狂うため半年に一度くらいは調律をする必要があります。また、鍵盤を押しても音がしなくなったり、鍵盤を押した後で鍵盤が戻らなくなったりなどの故障の場合には修理が必要です。なお、稀に弦が切れてしまうことがありますので、その場合も修理となります。

ピアノの調律とは?

ピアノの調律とは、ピアノの音程を整える作業のことです。チューニングハンマーと呼ばれるピアノ専用の工具を利用して行います。弦の張り具合を調整することで正確な音が出るように調整します。また、調律時には鍵盤のタッチの感触が良くなるように調整します。かつては、ピアノ調律師が経験と感性に基づいて調整していましたが、現在は音の周波数を検知するセンサーを使用することが多くなっています。

ピアノ修理に関する疑問にお答えします!

ピアノの調律にはいくらぐらいかかりますか?

一般的にピアノの調律作業にかかる費用は、15000円程度です。しかし、著しく音がずれている場合は追加料金が発生することもあります。また、業者によっては出張料金が別途かかります。

引っ越しをした後にはピアノの調律が必要ですか?

引っ越しをした場合には、ピアノに振動がかかることにより音が狂ってしまう可能性が高いです。基本的には引っ越しをした後には再度、調律をすることをお勧めしています。

[PR]
ピアノ修理や相談ができる
利用までの流れも確認!

[PR]
桐タンス修理の専門業者☆
明朗会計だから利用しやすい♪

[PR]
楽器の修理はプロに依頼!
全国各地どこでも対応してくれる!

[PR]
家具修理の専門業者
一度見積もり価格を確認してみよう

広告募集中