業者にピアノ修理を任せる際の流れを知っておこう

業者にピアノ修理を任せる際の流れを知っておこう

ピアノ

ピアノ修理を依頼できる業者

ピアノは、表面は木製でできていますが繊細な楽器の一つです。そのため、ピアノ修理は専門の業者に依頼する必要があります。修理の程度によっては、調律師に依頼することも可能です。まずは、どの程度の修理が必要かを業者に相談してみましょう。

レディ

業者の探し方

ピアノ修理は、大きく2つに分かれます。外側の装飾や鍵盤に傷がついた場合の修理と弦の調整や張替えを行う修理です。どちらの修理も楽器の専門業者に依頼する必要があります。楽器修理の専門店かピアノの販売店等で相談するのがオススメです。

男性

優良業者の見分け方

高価で繊細なピアノですから、業者は慎重に選びましょう。まずは、複数業者で見積もりを取って値段の確認をすることが大切です。ピアノ修理の実績がどの程度あるかも確認します。価格の安さにだけこだわるのではなく、実績や技術があるかどうかも確認しておくことが大切です。

鍵盤

申し込み方法

ピアノ修理を依頼する業者を決めたら、改めて見積もりを作成してもらいます。修理内容に納得したら、修理の日程を決めましょう。弦の調節を伴う修理は、音の調律も行います。ある程度、大きな音が出ても大丈夫な時間帯を選ぶのがオススメです。

修理当日の流れ

ウーマン

修理がスムーズにできるようにしておきましょう

ピアノを修理する際には、鍵盤や上部の蓋を開けて内部の確認も行います。ピアノの上にカバーなどがかかっている場合は、ピアノ修理前に外しておきましょう。ピアノの周りはなるべく片づけておくことが大切です。

音を出しても大丈夫なようにしておきましょう

ピアノ修理の際には、音の確認も行います。特に音の調律はすべての弦を確認するため大きな音がなり、注意が必要です。近所迷惑にならないためにも、修理中は部屋の窓を閉めても大丈夫なようにしておきましょう。

修理の状況を確認してみましょう

ピアノ修理が終わったら、ピアノの状態を業者に確認してみます。表面の傷などは、素人目にもわかりますが内部の状況は専門の業者にしかわかりません。長くピアノを使うためには、次の調律が必要な時期等も確認しておくと安心です。

広告募集中